a0002_011588
これを食べればよいという絶対的なものはありません (・∀・)つ
住んでいる場所、毎日の食事、体質により変わります。

同じアトピーという症状の食事療法にしても、変わってきます。
基本は、和食を食べて腸内環境を整えます。

肉類・乳製品・砂糖・果物・添加物の入ったものを食べません。
昭和の貧しい時代に食べていたものが良いようです。

両親が食べていた物、祖父母が食べていた物が、身体に合っているのです。
北海道と沖縄では、食べるものが違います。 東京と大阪でも違います。

水分が足りなくて、炎症を起こしている場合もありますし、
水分が多すぎて、身体が冷えている場合もあります。

玄米をよく噛んで食べられれば良いですが、胃腸が弱っていたり、
歯に問題があり噛めない場合は、白米か分搗き米にした方が良いです。

美味しいと感じるものが、身体に良い物ですが、添加物や肉類、
甘い物の食べ過ぎて、センサーが狂っている場合もあります。

情報が溢れかえっています、惑わされないように、身体を調えて、
食べたいと感じるものを食べて健やかに生きたいものです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)