a0960_007060
ビタミンCは、身体で作られないので必須栄養素です。
上手く摂る工夫をお伝えします。

ビタミンCは、熱と水に弱いため、加熱したり水にさらすと失われます。
生野菜が良いですが、たくさんは食べられませんし、身体を冷やします。

果物は丸ごと食べられますが、糖分が多いので食べすぎに注意が必要です。
果物は、農薬の心配もあります。

調理で茹でたり煮たりすると、半分くらい失われ、焼く・炒める方が
損失が少なくすみます。芋類は、加熱しても失われる確率が低いです。

お味噌汁に入れて、カサを減らして汁ごと食べるのが効果的です。
鍋ものにして、煮汁やスープに溶けている汁とともに食べるとよいです。

ビタミンCは、酸化防止剤としてジュースや加工食品に使われていますが
これは食品添加物となり、すでに酸化してるので健康効果はありません。

サプリメントで摂ってはと、思われる方も多いと思いますが、
錠剤・液体・粉末にする過程で、何らかの化学処理がされています。

化学処理をする過程で、添加物が加えられたり、熱処理されたりします
安全で有効なビタミンCかどうか、疑わしいところがあります。

安心出来る農家から買った、新鮮野菜を味噌汁に入れて食べる。
これが一番、ビタミンCが採れる方法です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)