a1180_005775
料金が安くなると、メリットが強調されています (・∀・)つ
他にも、熱効率が良い、省エネになる、補助金制度がある、、等

広告宣伝がされているため、設置された家庭も増えています。
良いことばかりではなく、故障が多いとか、広い場所が必要だったりします。

最近は、「低周波音」の健康被害が多く出ています。
低周波音とは、周波数100Hz以下の音を示します。

機械や設備などから出る静かな騒音、唸りのような音です。
昼間の賑やかなときには気になりませんが、静かになると気になります。

不調は、頭痛・めまい・イライラ・胸の痛み・不眠など人により違います。
検査しても原因となる疾病が見つからないため、心理的な問題とされたりします。

水が滝つぼに落ちる音、バスやトラックのエンジン音などからも出ています。
人の耳に聞こえる大きな低周波音が発生している場所は、限られていました。

家庭用の省エネ機器は、生活空間と至近距離にあり、
夜間に長時間稼働するため、苦情と共に被害に繋がります。

消費者庁の消費者安全調査委員会は、隣家の「エコキュート」での
健康被害のに対して、関与の可能性があるとの報告書を公表しています。

省エネで料金が安くなっても、健康を損なっては大変です。
設置を検討中でしたら、もう一度設置場所など見直してください。

インターネット上には低周波音被害者のサイトもあります。
低周波音被害も年々増えています、公害と認定される日が来ると思われます。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)