a0001_013728
ガン患者の方は腫瘍マーカーの数値が気になりますね(・∀・)つ
腫瘍マーカーの数値に、拘りすぎないでください。

ガンの発生臓器と関連性を持つ特徴がありますので、
血液中にこの物質が基準以上に出たら、ガンと推測されます。

陽性・異常値だからといって、ガンとは限りません。
反対に陰性だからといって、ガンを否定できません。

ガンと診断された後、数値の上昇はガンの進展に比例すると思われています。
値が上がれば進行したと思われ、下がれば回復してきたと思われます。

ガンの臓器や部位によって、マーカーを出す場合と出さない場合があります。
数値が上がっても心配する必要はないですし、下がったから安心という訳でもないのです。

人の臓器は機械とは違いますから、数値とは正比例しません。
腫瘍マーカーの値は気になりますが、気にしないでください。

免疫力を上げる、生活習慣をつけてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)