a0002_011998
まとめてみました (・∀・)つ
何を食べたらよいのでしようか。食事は住んでいる国、地域で異なります。
気候が温暖で、水に恵まれ、豊富な食材があり、米と言う主食があります。

住んでいる地域での近くでとれるものを食べます。
先祖が食べてきたものと同じようなものが食べられます。

先祖が食べていたものに合った、消化酵素しか身体の中にありません。
体質に合ったものを食べてください。

季節に合った旬のものは、身体にやさしく経済的です。
冬のものは身体を温め、春のものは排毒作用があり、
夏のものは身体を冷やし、秋のものは栄養を蓄えます。

日常の食事と特別な日の食事のメリハリをつけます。
普通の日は少食で季節の野菜中心にし、特別な日を週に一度程度に。

日本人には和食が身体に合っています。「ごはんと一汁三菜とお茶」
主食は主に炭水化物で、野菜が育たない地域では、肉が主食になります。

日本人に主食抜きは、合いません。主食は大切な栄養素でお米です。
「小麦は食べるな!!」 です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)