20160517_203926-1-1
臭い・臭い・臭い・臭い・臭い (・∀・)つ
炊飯器に蒸し板を入れて、キッチンペーパーでにんにくを包みます。後は、保温スイッチを押すだけです。

7日間~10日間位で出来上がります。
最初の5日間くらいは、物凄い臭いです。

タダならぬ臭さです、室内の中ではとてもできません。
外に置くにしても、ご近所迷惑になるので、注意が必要です。

二階の洗濯干し場に囲いをしますが、コンセントも必要で臭いが漏れないように工夫しました。
置き場に困りましたが何とか適当な場所を見つけました。

7日目で様子を見ましたが、黒くはなっていましたが、食べてみるとまだ蒸されていない感じがしたので、3日間保温を続けました。

味見をしながら美味しいところで終わりにしました。
炊飯器に入れる前のにんにくの乾燥状態により、保温日数が変わってきます。

水分が多い場合は、水分を逃がす必要があります。
10日間が過ぎたら乾燥のし過ぎに注意が必要になります。

乾き過ぎると不味くなり、苦味が出てきます。硬くなる場合もあります。

保存は、瓶に入れて冷暗所で常温保存で良いです。
が、タッパーに入れて、冷蔵庫で保存しています。

味は、軟らかくて甘くて美味しいです、にんにく臭さはありません。
元気百倍といったところでしょうか?
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)