a1130_000176
太陽のビタミンと言われています (・∀・)つ
皮膚が紫外線B波にさらされると、ビタミンDが体内で生産されます。
過剰な紫外線対策がビタミンD不足に陥っている可能性があります。

ビタミンDの血液の理想的な濃度は血液1mlあたり40~70ナノグラムですが、多くの女性は10ナノグラムしかありません。

必須栄養量の80~90%が太陽を浴びることで体内で生成されます。
ほとんど日光浴でしか得られない栄養素で、どんなに食が完全でもビタミンDは、紫外線を浴びなければ不足状態になります。

骨軟化症、小児の場合は「くる病」になる可能性があります。
骨を作る過程で障害が起こるもので、初期にはあまり症状がありませんが、進行とともに背中や腰、股関節、膝などの痛みが出てきます。

骨折や背骨が曲がってくる、側弯症なども考えられます。
骨密度が低下し、骨粗しょう症のリスクも高くなってきます。

活性化して身体の筋肉や神経細胞を助けてくれる働きがあります。
免疫を強化させます、濃度が低下すると、鬱になる確率が2倍に増えます。

紫外線有害説は、現代では常識になっていますが、果たして日焼け止めは必要でしょうか?

日焼け止めに使われている、薬品の毒素の方が有害なのではないでしょうか?

日常的に日光を浴びていれば、不足ということはないようですが、過剰な日焼け防御対策をしたり、日照時間の少ない生活環境である場合は、食事からの補給が必須となります。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)