0c5b2a7346945efefb02f33f5684391120160516132651787
「風邪治療=抗生物質」は大きな間違い(C)日刊ゲンダイ
日刊ゲンダイ より引用
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/181440/3

 風邪をひいたら、とりあえず医者に抗生物質を処方してもらって飲む――。こんなパターンをずっと続けている人は多いのではないか。しかし、これは大きな勘違い。ヘタすると逆効果にもなりかねない。

 先月、政府は2020年までに抗生物質の使用量を33%減らす目標を掲げた対策を決定。厚労省は「医師は安易に抗生物質を処方しないこと」を呼びかけ、患者にも適正な使用を促す方針だ。

 抗生物質=抗菌薬は、細菌を殺したり弱らせたりする薬で、不適切に使い過ぎると、抗生物質が効かない「耐性菌」が発生したり増加する恐れがある。世界で は、耐性菌が原因となった死者が70万人いると推計されていて、WHO(世界保健機関)も各国に対策を求めている。仮に対策を講じなければ、2050年に は耐性菌による病気の死者が1000万人になると想定されている。

 抗生物質は、“とりあえず”安易に飲んでもいい薬ではないのだ。「いま飲んでいる薬が危ない!」などの著者で、薬剤師の深井良祐氏(ファレッジ代表)は言う。

「抗生物質は細菌に対して効果を発揮する薬で、ウイルスには効きません。そして、一般的な風邪のほとんどはウイルスによって発症します。つまり、多くの風 邪には抗生物質は必要ないのです。もちろん、肺炎や中耳炎などの細菌感染症には効果的なので、2次感染を予防するために処方されているケースもあります。 その一方で、細菌性なのかウイルス性なのかよく分からないから、念のため抗生物質を出しておこうという医師がいるのも事実です」

■必要な常在菌も殺してしまう

 日本は、世界的にみると抗生物質の販売量は多くはないが、経口のセファロスポリン系薬、フルオロキノロン系薬、マクロライド系薬の使用割合が極めて高 い。いずれも幅広い細菌に有効な抗生物質だから、やはり、特定の細菌感染症に対してピンポイントで処方しているケースは多くなさそうだ。

「この3系統の抗生物質はさまざまな細菌に対して満遍なく効くため、細菌を根こそぎ殺してしまいます。人間の体には、腸内細菌などの常在菌がたくさん存在 していて、病原菌の侵入を防いだり、免疫バランスを保つ働きをしています。抗生物質はそうした必要な細菌まで一網打尽にしてしまうため、下痢などの副作用 を引き起こす危険性があります。また、吐き気、発疹などが表れるケースもあります」

 日本では、軽い風邪でもクリニックで抗生物質を処方してもらいたがる患者が少なくない。抗生物質を処方しないと、不満を漏らす患者もいるという。ウイルス性の風邪には効果がないことを知らない人が多く、耐性菌や副作用の問題も広く知られていないのが現状なのだ。

「風邪を治すには自身の免疫力に任せるのが基本で、安易に抗生物質を処方してもらったり、中途半端に服用するのはやめたほうがいい。とはいえ、肺炎などの 細菌感染症の治療には抗生物質が有効です。いつもの風邪の症状とは違って高熱が出たり、長引いている場合は医者にかかり、抗生物質が必要な病気なのかどう かを診断してもらう。軽い風邪で抗生物質を処方されそうになったときは、〈なぜ、抗生物質を飲まなければならないのか〉をきちんと確認して、医師に説明し てもらいましょう」

 抗生物質を飲めば早く風邪が治るという間違った思い込みは改め、軽い風邪でもとりあえず飲むなんて行為はやめるべし。