_SX347_BO1,204,203,200_
読んでいただきたい1冊です (・∀・)つ
体内の“塩不足”が深刻な健康障害を起こしている。根拠のない「高血圧=“塩”犯人説」に惑わされ、体内バランスを崩している、現代人の実態を告発。

著者 村上譲顕
NPO法人日本食用塩研究会代表理事、海の精株式会社代表取締役、日本CI協会理事。
昭和27(1952)年8月、広島県因島の生まれ。
幼少より虚弱体質 であったが、19歳のときに食養(マクロビオティック)に出会い、健康を回復する。
その体験から塩の大切さを知り、以来、塩に関する研究と自然塩復活運動 にかかわる。
昭和54(1979)年、日本食用塩研究会の設立にともない事務局長に就任。
平成元(1989)年、自然海塩流通本部株式会社(後の海の精株 式会社)を設立。
現在、塩運動をさらに進めるため、自然食育推進運動の展開を始めている
.
。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

村上譲顕さんは平成27年5月15日 62歳にて逝去されました。