_SX335_BO1,204,203,200_
小説はほとんど読まないのですが、題名にひかれました (・∀・)つ
2年後、お義母さんが死んでくれる。
「家族」の本音を、生々しくリアルに描く新・家族小説。

≪家族って一体なんだろ う?≫
2020年、65歳以上の高齢者が国民の3割を超えた日本。
社会保障費は過去最高を更新し続け、国家財政は破綻寸前まで追い詰められていた。
そこで ついに政府は大きな決断を下す。
「日本国籍を有する七十歳以上の国民は誕生日から30日以内に死ななければならない」という七十歳死亡法案を可決したの だ。
2年後に法律の施行を控えたある日、ごくありふれた家庭の宝田家にも小さな変化が起こり始めていた。
義母の介護から解放されようとしている妻、家のこ とはすべて妻に任せきりの能天気な夫、超一流大学を卒業しながら就職に失敗し引きこもっている息子、ひび割れかけた家族から逃げ出した娘、寝たきりでわが まま放題の祖母。
一番身近で誰よりも分かってほしい家族なのに、どうして誰もこの痛みを分かってくれないんだろう。
究極の法律が、浮びあがらせた本当の 「家族」とは?大注目の作家が、生々しくリアルに描き出す、新・家族小説。
2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決す る。
2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜びを感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せずにいた。
我侭放題の義 母(84)の介護に追われた15年間、懸命に家族に尽くしてきた。
なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつか ない娘(30)とみな勝手ばかり。
「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて…。
すぐそこに迫る現実を生々しく描く。注目作 家、渾身の書き下ろし小説。

著者 垣谷 美雨
1959年、兵庫県生まれ。明治大学卒。ソフトウェア会社勤務を経て、
2005年「竜巻ガール」で第27回小説推理新人賞を受賞しデビュー。
著書に、『リセット』『結婚相手は抽選で』『夫の彼女』などがある。