a1620_000264
寝不足気味の方が多いかと思います (・∀・)つ
仕事や遊びで、夜遅くまで起きていることも多いです。
早く寝なくてはと、思っていてもつい習慣で起きていてしまいます。

昼寝を生活の中に取り入れることにより、日中の活動によって溜まった疲労を解消し、エネルギッシュに活動を続けることができるようになります。

昼寝は、15分~20分位で、効果を上げることができます。
リラックスした状態になることで、短時間で質の高い睡眠を得ることができます。

座って、目を瞑るだけでも効果があります。
午後3時までの時間帯にして下さい。3時を過ぎると体内リズムが狂います。

横になってしまうと、1時間ぐらい寝てしまう場合があります。
眠りすぎると、反対に頭がぼおっとしてしまいます。

机に伏して寝る体勢やイスにもたれて、
クッションや小さい枕を使い、首を傷めないようにしてください。

脳がリフレッシュして、午後らかの仕事がはかどります。
ストレスも解消します。

夏の寝不足に備えて、今からお昼寝の準備をして下さい。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)