a0800_000856

化粧はともかく、日焼け止めは必須と思っていませんか?
美肌保持のためには、雨の日も風の日も、ちょっとの時間外出するときも日焼け止めを塗っていませんか?

しかし、日焼け止めは肌に優しいものではありません。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものであっても、 ベビー用であってもSPFやPAの数値が低いものでも例外はありません。

肌が弱い人は日焼け止めを塗ろうと思っても刺激になって使えない場合もあります。

日焼け止めを塗ることによる肌への害があるということを頭にいれておいてください。

日焼け止めには肌にダメージを与える界面活性剤や防腐剤、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤が含まれているます。

肌の炎症を起こし肌トラブルや肌老化の原因になり得るのです。

何がなんでも日焼け止めを塗るのではなくて、肌のバリア機能を壊してまで日焼け止めを塗る必要があるのか?考えないといけません。

真夏の海辺で長時間過ごす場合には、必要かもしれません。

肌への対策としては、帽子や日傘の使用を心がけましょう。

内面からは、ビタミンCを摂り活性酸素を抑え、日焼けからのシミやソバカスを防止してください。

若々しい肌を保っていきましょう。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)