31uF-zSOQlL
使わないようにするチャンスは、夏の今です (・∀・)つ

スキンケアは毎日のことです。 本当に化粧品は必要でしょうか?

知らないと怖いスキンケアの常識、実は普段使っている化粧品には、さまざまな添加物が配合されています。

添加物には自然界に存在するものもありますが、ほとんどは合成化学物質です。

化粧品の「無添加」とは、厚生省によって設定された「アレルギーなどの危険性がある102種類の添加物を含まない」ということです。

指定成分に比べて毒性が弱く、肌への刺激が少ないとされた添加物は、今もほとんどの化粧品に含まれているのです。

指定外添加物は安全とされているとはいえ、どんな肌にも影響が全くないとは断言できません。
人によっては過敏に反応して、肌トラブルの原因になることもあります。

毎日の化粧品にの、小さな積み重ねで大きな差が出てしまいます。
常識的には、肌に何か塗らないと乾燥肌になったり、シミやシワができると思いがちですがそうではありません。

肌は分泌物の量を調整しています。
洗顔の後の肌のツッパリも、2週間くらい我慢しているととシットリしてきます。

夏は汗も出ますし、空気が乾燥していないので、化粧品の使用を止めるチャンスです。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)