a0002_001679
生食を実行することは難しいです (・∀・)つ
生活習慣病を患うのは、人間と飼育動物だけです。
火を通したものを食べるのは、人間と飼育動物だけです。

食品を加熱すると、酵素は壊れ、ヴィタミンは壊れ、たんぱく質は変性し、脂肪は酸化します。
身体には負担をかける事になります。

果物や野菜は、太陽から受け取ったエネルギーを豊富に蓄え、生で食べる人に与えてくれます。生の果物や野菜を豊富に摂っているとエネルギーが高くなります。

加熱調理されたものを食べた直後の血液を調べてみると、白血球の数が急激に増えているそうです。
生の自然な食品を食べた後には、このような血液内の変化は起きないようです。

生食を実践すると胃腸への負担が少なくなるので、睡眠時間が短くなり、疲れにくくなります。
爪が強化されたり、肌が綺麗になったりもします。

生の野菜・果物を多く摂ると、消化酵素はあまり必要としません。
野菜・果物には食物酵素があり自己消化するのです。

代謝酵素が十分に働き、代謝が盛んになり、毒素排泄が盛んになります。

しかし、生の肉や魚介類には食中毒の危険性があります。
生野菜やフルーツも、危険な微生物に汚染されている可能性があり注意が必要です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)