無題
自然塩は身体に必要です (・∀・)つ
規制が出来て、精製塩が世の中に出回るようになって塩の質が変わりました。
そして、自然塩を作る能力が低下してしまいました。

塩分は高血圧の元凶と言われています。
戦後の日本は高血圧性脳出血が、死亡原因の第一位でした。

寒い土地では、沢山の野菜を作る事ができません。
野菜を塩漬けにして、保存するようになり漬物作りが盛んになりました。

高血圧性脳出血を発症する人の割合が多くなり、減塩運動が始まりました。
減塩運動が塩の量に着目し、塩の質には触れていません。

塩は大きく自然塩と精製塩に分類されます。
自然塩はさらに岩塩や海塩に分類されます。

自然塩と精製塩の違いは、ミネラル成分が含まれているかどうかです。
自然塩はマグネシウムや、カルシウムが豊富に含まれています。

精製塩にはミネラルの多様性が全くなく、マグネシウム、カルシウム、カリウムが取り除かれています。
自然塩は良いのですが、自然塩の定義がないため、本物の自然塩とは程遠い紛い物もあります。

高血圧の原因が塩だけではありません。
自然塩を摂る事によって高血圧が、改善する例もあります。

生命の基本単位である細胞を維持するためには、自然塩が必要になります。
細胞の老廃物を排出するためには、カリウムとナトリウムとマグネシウムやカルシウムも、必要です。

あらゆる生命は海から誕生しました。
一部は陸に上がりましたが、多くは海に残りました。

長寿の妙薬としても珍重されていました。
人は海水浴で様々な病気を癒してきました。

血液は海水の組成とほぼ同じで、胎児を育んでいる羊水も、海水と共通した組成を持っています。
人間の身体は海そのものなので、自然塩には拒絶反応を起こしません。

水と塩以外はすべて異物です。
塩浴は生体機能と完全に一致した自然な入浴法です。

塩の凄さは浸透圧にあり、浸透圧には汗を呼び出す働きがあります。
適度な量の汗が出ていれば、老廃物が出てきやすくなり、新陳代謝が活発になり、古い角質が剥がれ落ちます。

塩浴後は、身体の芯から温まり、湯冷めしにくいでし、 乾燥しにくい肌質になります。
塩を使うのであれば、排水で環境を汚す事もありません。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)