a1180_003119
日本人に合った食べ物なのでしょうか (・∀・)つ
縄文時代の日本は狩猟採集の生活でイノシシやシカを食べていました。
弥生時代に農耕民族になってから、奈良時代までは続いていました。

仏教が本格的に普及すると、「生きているものを殺しては駄目」と提唱され、肉食は衰退していきました。
キジをはじめ鳥肉はその後も食べることがありました。

鶏は食用ではなく、羽の色と鳴き声を楽しむだけのもので、食用になったのは明治以降のようです。
平安時代から江戸時代までの間には、戦国時代に焼き肉が登場しています。

足軽の人が非常食として牛をかっぱらって、味噌で味付けして鉄板で焼くことを考案し たからです。
緊急事態がなせた料理です。

宣教師が牛や馬の肉を食べていたことで、九州を中 心に肉食が普及しました。
それが豊臣秀吉に嫌がられたようで「バテレン追放令」と共に禁止となりました。

1853年 アメリカからペリーが日本にやってきました。
この時に、西洋人は肉を食べることが分かりました。

明治維新で人々は文明開化の言葉に酔い、肉食に飛びつき、政府もこれを強力に後押ししました。
1869年には、東京の築地に政府が牛馬会社を設立しました。

1872年には明治天皇も召し上がられました。
そしてこれを受けて、牛鍋は庶民の間に普及します。

牛鍋というのは今の関東風のスキヤキで、関西はスキヤキと言って牛肉を食べました。
大正時代にスキヤキという呼称に統一されています。

焼き鳥は古くからありましたが、大正12年の関東大震災の後に屋台で提供したことから始まりました。
初めは高級料理だったそうです。

肉料理が頻繁に食べられるようになったのは、ごく最近のことのようです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)