NE-BS801-K_720152-300x224
便利なんですが、、、(・∀・)つ
電子レンジで加熱すると酵素は失われます。
食品中の水の分子を振動させ熱するという原理を使っています。

通常の加熱が、外部からの加熱であるのに対して、内部から加熱されます。
煮たり焼いたりしても酵素は失われますが、分子レベルで損傷させられた酵素では壊れ方が違います。

分子構造に著しい変化を起こすため、含まれるビタミンB、C、E、必須ミネラル、必須脂肪酸などの栄養価値も60~90%低下してし まいます。

酵素が破壊されてしまうため、これらを栄養として利用することはできません。
発ガン性の 活性酸素も大量に形成されます。

マイクロ波には、強い発熱効果があり、マイクロ波の発熱効果を利用したのが電子レンジです。
マイクロ波が漏れ出ると、その発熱効果が人体を襲うことになります。

使われ始めた初期には、主婦の間で白内障が多発し、社会問題になりました。
白内障は、70年6月に電気用品取締法の中に安全基準が設定 されて、ほとんどなくなりました。

電子レンジは、料理にまた食品を温めなおしたりとても重宝なもので、無くてはならない現代の必需品になっています。

危険性があっても簡単に捨てることはできないでしょう。
無論、数回使っても健康にはそれほど の影響は、無いものだと思います。

知り合いの方が、朝、電子レンジで温めたご飯をそのままにして、夜にレンジから出してみたらカチカチに固まっていたのをみて怖くなり、電子レンジが使えなくなったと聞きました。

我が家には電子レンジが有りませんので実験できません。
試してみてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)