a1130_000176
急に涼しくなりました、体調はいかがですか? (・∀・)つ
空気圧がかかった状態で生活しています。
重い空気を体の内側から、押し返してバランスを保っています。

気圧が変化すれば身体に影響します。
気圧の影響を特に受けやすい器官は耳です。

耳の最も深い所にある内耳には、平衡感覚の器管が存在します。
敏感な人ほど気圧の変化によって平衡感覚が乱れ、頭痛や関節痛などを引き起こすこともあります。

気象の変化による不調は、自律神経の働きと大きく関係しています。
気温・湿度・気圧の変化が激しくなると、自律神経の調整が間に合わなくなります。

気象の変化に敏感な人は、気象病・天気痛が出やすいです。
気圧だけでなく、気温の大きな変化も体調に悪影響を及ぼします。

気温が大きく変化すると自律神経が混乱し、疲れやすくなったり眠れなくなったりします。
季節の変わり目に不具合が生じるのも、寒暖差と気圧の変化からくる自律神経の乱れが原因です。

冬に風邪を引きやすく、体調が崩れやすくなります。
晴れの日は爽やかな気分になり、雨の日に気分が塞ぐのは、自然のことです。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)