a0024_000086
食事療法・栄養価・カロリー など既成概念にとらわれないでください (・∀・)つ
体温はいつも一定になるように調節されているので、温めるほど冷え、冷やすほど温まります。

皮膚が冷水に触れると、一時的に肌の表面の温度は下がりますが、数分後には体温調節中枢が働き、深部温度が上がり、芯から温かくなります。

水風呂を習慣化すると、全身の血行が良くなり、浮腫みが解消され、細胞に溜まった老廃物の排泄が促されます。

食事はできるだけ果物、野菜、海藻を中心にするのがよいようです。
血液の正常なPHは弱アルカリ性である事を考えると、動物性食品よりも植物性食品の方が体に合っています。

動物性食品は、血液を酸性にする傾向があるからです。
植物性食品と動物性食品の割合は、七:三が理想的のようです。

飲み物は、生水と緑茶が良いようです。
日本での緑茶の歴史は長く、平安時代初期には日本人は緑茶を飲んでいたとされています。

脊椎動物は、肉食動物、草食動物、果食動物、雑食動物の四通りがあります。
人間は第三番目の果食動物です。

他の物を食べるようになったのはそれからです。
酷い病気になった時には、果物だけを食べていると治ってしまうそうです。

果物には、生命を支えるのに必要な成分のほとんどが含まれています。
何を食べるのが良いかは、自身が選択してください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)