a0024_000086
マクロビオティックと並び代表的な食事療法です (・∀・)つ
ゲルソン療法の原則です。

◎無塩食にする。
◎動物性脂肪を制限する。
◎動物性蛋白質を制限する。
◎糖分を制限する。
◎生の果物野菜ジュースを1日13杯飲む。
◎生の亜麻仁油を1日15cc飲む。

マクロビオティックは、無塩にも減塩もしません。
動物性のものと砂糖を摂らないところは同じです。
果物野菜ジュースを13杯は飲みませんし、油も摂りません。

西洋食や肉食を続けていた方には、ゲルソン療法も合うでしょう。
マクロビオティック・玄米菜食は、日本人には合う食事法と思います。

どちらの食事療法も、極めてはいけません。
自分に合わないと思ったら、無理に続けないことです。

体調が戻ったら、通常の拘らない食事に戻してください。
身体のバランスが崩れていて、右から左に修正されて中庸に戻ります。
そのまま、続けていたら左に行き過ぎてしまい、再びバランスが崩れます。

何が合うのかは、人それぞれ違います。
同じ病気でも、同じ食事療法が合うとは限りません。

ただ、少食にすることは間違いありません。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)