a0006_000849
効果的に治療を受けることが大事です (・∀・)つ
高濃度ビタミンC点滴は「天然の抗がん剤」と呼ばれることがあります。
抗がん剤は、癌細胞も正常細胞も区別せず攻撃しますが、ビタミンCは癌細胞だけを狙って破壊するようです。

癌細胞がブドウ糖を集中的に取り込む性質があることはよく知られています。
癌細胞にとって、ブドウ糖の摂取が生き残りのカギとなります。

ビタミンCの化学的な構造はブドウ糖と非常によく似ています。
高濃度ビタミンC点滴により、ビタミンCの血中濃度が上がると、癌細胞は間違ってビタミンCをとりこんでしまうようになります。

ビタミンCは高濃度になると過酸化水素(H202)を放出するようになります。
この強い酸化作用は癌細胞に働きます。

癌細胞の内部から破壊することができるというわけです。
正常細胞は全く傷つけないというメリットだらけの抗がん作用が注目されているのです。

夢のような治療ですが、治療費保険適用がないので高額になります。
いつまで続けるというのかが、問題です。

超高濃度ヴィタミンCの治療をしていても、生活習慣を変えないとガンは消えてくれません。
抗がん剤のように副作用で苦しむことはないです。

ビタミンCを摂取するということは、野菜や果物を食べればよいとも思います。

治療法を選択するのは、食事療法を選ぶのに似ています。
何が良いかは、症状などによって変わってくるでしょう。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)