a1180_013128
涼しくなってから水分補給を怠り、昨日、貧血状態を起こしてしまいました。
シッカリ水分補給をし、元気を取り戻しました (・∀・)つ
雪や氷の解けた水は、六員環という特殊な構造をしています。
六員環という水分子は活性が強く、時間と共に失われ、煮沸や消毒をするとなくなってしまいます。

良質な水の第一条件は、加熱殺菌されていない事です。
加熱殺菌すれば菌はいなくなりますが、水の構造そのものが変わり、酸素も炭酸ガスも失われます。

パワーストーンを水に浸け、暫く置くと、石のミネラル分を水分子が溶かし込み、ただの水がミネラルを含んだ水になります。

トルマリンなどの微弱な電気を発生させる石なら、体内を浄化する作用を持つ水にも変化します。
筋肉は約75~80%、皮膚は約72%が水分で、骨も三分の一が水分なのです。

人間の体には三種類の水分があります。
①血液
②細胞の中にある水分
③細胞と細胞の間の間質液

水は空腹時が最も効率よく吸収されます。
水をこまめに飲んでいると新陳代謝が活発になり、脂肪が燃焼しやすくなります。

空腹感は血液中のブドウ糖濃度が低下して、起こるのですが、コップ一杯の水を飲むと、胃液が薄められて胃の中の酸性度が下がり、脳が満腹だと勘違いします。

水をこまめに飲む事で、過剰な食欲や間食が抑えられ、肥満予防に繋がります。
水はすべての生物の大部分を構成し、あらゆる生命活動を支えています。

私たちは体内の水分の20%を失うだけで、死んでしまいます。呼吸の酸素と同様に、水は最も重要な栄養素であり、解毒剤でもあります。

細胞が栄養素を取り込むためにも、有害物質を排泄するためにも、水は必要不可欠です。

水を飲むと、胃を通過して、大腸の腸壁から毛細血管に吸収され、毛細血管の壁を通り抜けて、約30秒後には血液へ、1分後に脳と生殖器へ、10分後には皮膚細胞へ、20分後には心臓、肝臓、腎臓へと届きます。

一日呼吸をするだけで、体内の水分は500ml失われてしまいます。
発汗すればさらに大量の水分が失われる事になります。

充分に水分が補給されず、脱水症状になれば、筋力の低下、持久力の低下、体温調整機能障害などが起こりやすくなります。

最低でも、一日2リットルの水を飲むのが理想的です。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)