a1130_000176
断食の後に経験しました (・∀・)つ
「宿便」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
宿便とは、長い間腸の中にたまっていた大便と言われています。

正式な医学用語ではありません。医学的には「滞留便」ともいわれるものです。

宿便は、腸壁にこびりついている老廃物であり、ヘドロ状又は腸管内に固くへばりついて、何ヶ月あるいは何年もの間に渡って、動かなくなった便のことだと言われています。

宿便は消化吸収を妨げて毒素を発生し、血液を汚していろいろな病気を引き起こすとされています。
宿便については「本当」か「嘘」か意見が分かれるところがあります。

ヘドロ状に便が残っているということは考えにくいという説があるのです。
宿便の内側を通り抜けるので、毎日便通のある人でも宿便がたまっているとも言われているのです。

どんな人でもおよそ3~5kgほどの宿便があると言われていますし、腸内洗浄などで黒っぽい宿便がとれたという事実も数多くきかれます。

滞留便という意味では宿便といわれるような、排便しても出し切れていない便が腸に残っていると考えられるのではないでしょうか。

腸を綺麗にして、宿便をだすと身体が変わり、病気が改善したり、体質改善になります。
明らかにいつもの便とは違う形や匂いを放つもので、宿便だと分かり易いことが多いようです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)