a0002_011699
ガンは生活習慣病です (・∀・)つ
現代医学においてのガン細胞増殖の考え方です。

病気の多くは、細菌やウイルスなどの感染症が原因です。
癌細胞は内なる敵であり、正常細胞との差がほとんどないため、有効な対策が確立されていません。

癌細胞は自らが成長し生存するために、無限に増殖します。
癌細胞は血液中の蛋白質を取り入れて増殖します。

蛋白質の量は食事中の蛋白質の量とは無関係で、癌細胞は成長に必要な蛋白質を血液中から取り入れて無限に増殖します。

癌細胞が悪性と言われるのは、栄養を奪い続けて、無限に増殖するからです。
増殖するのに必要な栄養素が奪えない状態になった時に、終止符が打たれます。

癌細胞は、分裂、増殖、転移するのに必要なエネルギー源を血液中のブドウ糖から補給しています。
癌患者の筋肉は痩せ衰えて、手足が細くなったり、頬がこけたりします。

癌が進行すると、患者は貧血傾向になり、癌細胞はますます元気に成長していきます。
貧血でビタミンB群不足の状態は、癌細胞にとって好都合の環境です。

蛋白質を摂取しなければ、栄養失調に陥ってしまうというのです。

何を信じて治療したら良いか迷ってしまうところです。
菜食にして手当法を実践して、克服されている方はたくさんいます。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)