a1530_000201
交通事故だけでなく転んだ時などの痛みについてです (・∀・)つ
一瞬のことですが、その時筋肉は身体を守るために縮みます。
縮んだ筋肉は、すぐに戻りません。

打撲したところは相当に痛みますが、縮んだ筋肉が突っ張り痛みます。
縮んだ筋肉をほぐさないと、痛みは続きます。

痛いからといって、じっとしていると痛みが続くだけです。
痛みのもとの筋肉をほぐすのには、操体法が有効です。

痛い身体ではありますが、痛くない方を探して痛みをとります。
事故の後は、身体の何処をどう動かしても痛いでしょう。

少しでも痛みを感じないところを見つけます。
思い切り動かすと痛いので、ゆっくり少しだけ動かします。

呼吸も使って、痛くない所でそっと息を吐きます。
全身をできるだけ動かして、痛くないところを見つけてください。

少し痛みがとれても、時間が経てば元に戻ります。
暫く休憩したら、もう一度始めてください。

文章だけではやり方が分かりませんね。
YouTubeで検索すると、たくさん動画が見つかります。

操体法の教室もありますし、本もたくさん出ています。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)