a0960_007204
「良薬は口に苦し」 ではありません (・∀・)つ
気持ちのいい事をすれば良いのです。
そうでなく、苦しいことがよいことのような常識にされています。

身体を気持ちのよう方向に導けば、歪みが元に戻ろうとします。
例えば、肩が痛い時に、痛い方を曲げたり伸ばしたりして痛みをとろうとします。

そうでなくて、痛くない方向に肩を動かします。
顔を上に向けたり下に向けたりして、左に向けたり右に向けたり、腕を上げたり下げたり。

痛くないところが必ずありますから、その姿勢を見つけてください。
痛くない姿勢にして、瞬間に脱力します。

2.3回繰り返すと、痛みが減っているはずです。
全身に応用できます。

これは生き方にも応用できます。
辛い生き方が自分に合っているとは限りません。

ある程度の我慢は必要ですが、身体や心を壊すような生き方が良いとは思いません。
他人のために祈り、自分の感性を信じて、楽しく生きていきたいものです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)