a0006_001734
毎日使うものですから大事です (・∀・)つ
和式トイレと洋式トイレの違いは、姿勢です。
骨盤の角度が明らかに異なります。

洋式トイレでは、座っている姿勢なので、身体と股関節の角度は、ほぼ直角です。
和式トイレは、ヤンキー座りのようになり、身体と股関節の角度は90度以上になります。

このヤンキー姿勢は、直腸と肛門とが直線になります。
自然な形で排泄を行うことができます。

洋式トイレだと、排便口が引っ張られて狭くなり、排便するのに力が要ります。
和式トイレにすると、少ない力で排便できるということです。

便秘症の友人が、便秘のひどいときは、和式トイレを借りに公共の施設に行くと言っていました。
便秘でお困りの方、和式トイレを利用してみてはいかがでしょうか。

足首をシッカリ曲げ、膝も曲げなくてはいけません。
毎日何度か、利用するので、足の筋肉も鍛えられます。

自宅が和式トイレの方は少ないと思いますが、和式のよさを見直してください。
膝痛の方がしゃがむのは辛いですが、膝痛になる前に鍛えておいてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)