a0002_011588
今までの食習慣を変えるのは難しいです (・∀・)つ
チャイナスタディで統計を基に推測するに、お肉と乳製品が生活習病の原因ではないかという事がわかりました。

マスコミでは伝えられませんし、医者でも保健所でも伝えられることはありません。
牛乳は健康に良いと、教育されていますし、コマーシャルされています。

骨粗しょう症予防に、高齢者が好きでもない牛乳を飲んでいます。
良質の蛋白質と言って、お肉ももてはやされています。

お肉と乳製品が身体に良いと思われているなかで、ガンや心臓病や糖尿病が倍増しています。
現状の把握なしに、売られているものを食べているようです。

病気になっても、医者は食事療法の指導はしません。
知らないから、出来ない状態です。

友人が体調不良なので、菜食の食事療法をすすめても、真剣には聞いてくれません。
民間療法に少しは関心がある方でも、お肉と乳製品を止めることは難しいようです。

少食にすることが、健康につながると話しても無視されています。
断食も病気治しに有効と話しても、ダメです。

今日もガン患者の家族の方に話をしましたが、伝わりませんでした。
残念です。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)