a1180_013128
水道水には、多くの残留塩素が含まれています。
残留塩素は、浄水場での殺菌に使用した塩素や、水道水が家庭の給水管に入るまでの間に細菌などが繁殖しないようにするための塩素が残ったものです。

残留塩素が、水道水を安全に保つと同時に、カラダにとってはとても危険な物質となっています。

水道水中の残留塩素は法令でも定められていますが、わずかに含まれる残留塩素であっても、さまざまな形で影響を及ぼしているのが事実です。

残留塩素と水中の有機物が反応して発生するトリハロメタン(クロロホルムやブロモジクロロメタンなど)も恐ろしい影響のひとつです。

トリハロメタンは、肝障害や腎障害、発がん性も指摘される有害物質です。
恐ろしいことに、残留塩素を蒸発させようとして水道水を沸騰させると、沸騰直後に一番多く発生します。

トリハロメタンを取り除くためには、沸騰後、蓋を開けて、さらに10分から15分間沸騰される必要があります。

金魚を水道水の中入れると死んでしまいます、一日ほど汲み置きして、水道水の中に含まれる塩素の量を減らしてから、金魚を入れます。

自宅のお風呂はどうなのでしょうか? シャワーはどうでしょうか? ウォシュレットは?

これらのことを総合して考えることに、水道水をそのまま利用することは多少のリスクを覚悟しなければいけないのです。

汲み置きの水を使用するとか、浄水器を付けるとか、煮沸させるとか、
お勧めの浄水器は 『電子水・おくだけ』です。

尚、ペットボトルの水が良いということには成りません。
ボトルの水が安全という保障はありません。
v( ̄∇ ̄)v(´∀`)