【1月から】10万円超えなくても医療費控除で還付が受けれる「セルフメディケーション税制」とは
新しい税制で、国民を薬漬けにするのでしょうか?
ヤフーニュースより引用 

(前略)
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用条件

上記で取り上げた従来の医療費控除は年間の自己負担した医療費が10万円を超えると適用されます。

セルフメディケーション税制は医療費が10万円を超えなくても、対象となるOTC医薬品(※3)の1年度(1月1日から12月31日まで)の購入額が1万2000円を超え(上限金額8万8000円)、一定の取り組み(本特例の適用条件※4)を行った方が適用を受けられる制度です。

ただし、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間にご自身又はご自身と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合に限られます。

※3  OTC医薬品とは、医療用医薬品から転用された82成分を含むOTC医薬品(要指導医薬品および一般用医薬品)です。厚生労働省ホームページに対象OTC医薬品の品目名などが掲載されています。

また、多くの対象医薬品にセルフメディケーション税制の対象製品であることを示す識別マーク(生産の都合上表示されていない対象医薬品もあります。)であったり、対象製品を購入した際にはレシートに対象製品であることが表記されます。

※4 その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種など

注意点としては、従来の医療費控除制度と同時に利用することはできず、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)のどちらを適用するかは、ご自身で選択し、確定申告することになります。(執筆者:高橋 豊)