_SX338_BO1,204,203,200_
心の整理の大事さは何事にも繋がるのですね(・∀・)つ
「いつか使うかも、と思えて捨てられない」
「もったいない、と思えて捨てられない」
「片づけようと思っても、やる気が出ない」
そんな「片づけたいのに片づけられない」人たちに、
アドラー心理学で、ココロも部屋もスッキリする方法をお伝えします。
長年、片づけを先送りしていて、もういいかげん片づけなければ……と思われてこの本に興味を持っていただいた方も多いはずです。
でも、ちょっとだけ待ってください。片づけには、手順があるのです。
片づけに取りかかる前に、まず「心の整理」をすることが大切なのです。
例えば、「2年着ていない服は、手放しましょう」。「使っていない物は手放しましょう」といったこれまでの収納術の方法を知っても、実際に行動に移すことができたのは、ほんのわずかな人たちでした。
なぜかと言えば、それはココロの整理ができていないからなのです。
片づけに最も必要なことは、収納術の知識やテクニックではないのです。
私は、自身が主催する片づけセミナーを通じて、多くの片づけられない人たちと触れ合ってきました。
本書では、セミナーで受けた質問や相談を中心に、片づけができない人が陥りやすい問題を主に取り上げています。
物との関わりは、一生続きます。ぜひ、この本をきっかけに、「アドラー心理学」で片づける勇気を持ってほしいと願っています。
「心の整理をするための5つのポイント」
・片づかない原因を探すのではなく、片づける目的と目標を決める
・あと片づけの習慣を身につけるには、ゆるいルールで3週間継続する
・自分の人生にプラスになると思う物だけを残し、そうでない物は手放す
・「どうなれば最高か?」を考えると、「どうすれば良いか」が見えてくる
・片づけてくれないなら、相手に定位置と片づけるタイミングを決めてもらう

物を片づけるには、ココロの整理が必要です!心の整理をするための5つのポイント。

著者・佐原美和(さはら・みわ)
大阪府在住。整理収納アドバイザー/日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。
「凜と美しい収納」をコンセプトにサポートを行う「凜花」主宰。
「片づけたいのに片づかない」、多くの人たちの相談を受けることで、そうした人たちは、整理法の知識だけでは片づけられないことに着目し、アドラー心理学をベースに自分自身の体験やクライアントとのセッションを集約した独自のメソッドを開発する。
「自分らしい部屋に整える」ことを提唱する片づけセミナーは、今まで片づけられなかった人でも「心の整理ができれば部屋は片づく」と好評を得ている。
現在も整理収納アドバイザーとして、全国各地で片づけセミナーや講演を精力的に行っている。

監修者・岩井俊憲(いわい としのり)
1947年、栃木県生まれ。1970年、早稲田大学卒業。
外資系企業の管理職などを経て、1985年、有限会社ヒューマン・ギルドを設立。
アドラー心理学に基づくカウンセリング、カウンセラー養成、各種研修を行っている。
主な著書に『マンガでやさしくわかるアドラー心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)、『人間関係が楽になるアドラーの教え』(大和書房)、『アドラー心理学によるカウンセリング・マインドの育て方』(コスモス・ライブラリー)、『人生が大きく変わる アドラー心理学入門』(かんき出版)、
『アドラー心理学が教える 新しい自分の創めかた』(学研パブリッシング)他、ベストセラー多数。