a0001_013728
医者の言葉を信じてはいけません (・∀・)つ
①人間ドック ②脳ドック ③癌検診 ④メタボ検診 ⑤定期健康診断
表向きは国民の健康を守るという建前になっています。

実情は巨大医療産業の利益を守るために存在します。
検診ビジネスは健常人を病人に仕立てて、検査漬け、薬漬け、手術漬けで稼ぐための罠・仕掛けなのです。

レントゲン検査によるX線被曝が恐ろしいです。
放射線の一種X線には、強烈な発癌性があります。

定期健診には、病気を防いだり、寿命を延ばす効果はありません。
欧米では、行政も企業も定期健診などしていません。

定期検診が労働安全衛生法で雇用主に強制されており、拒否すると処罰されます。
日本人の死亡原因のトップはガンですが、大半の患者は、ガン以外の死因で亡くなっています。

多くは感染症で、肺炎、院内感染、インフルエンザ、などです。
理由は、免疫力が限りなくゼロになっているからです。

患者に投与された抗癌剤、放射線、不要な手術による副作用が原因です。
検査で発見されるガンを抗癌剤、放射線、手術で悪性化、狂暴化させているのです。

医者も、抗癌剤が猛毒物質である事を知っています。
だから、自分や身内には絶対に抗癌剤は打たせません。

毎日約5000個の癌細胞が生まれています。
白血球の一種であるNK細胞が常に体内をパトロールして退治しているからです。

ガンと共存共生しています、ガンは修復細胞なのです。
低体温、低酸素、高血糖が癌を生み出すのです。

ガンを治すには、食事を菜食にしてで少食にし、身体を温める事です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)