a0001_001309
言葉は言霊とも言われています (・∀・)つ
なんとなく便利に使っている「すみません」という言葉です。
この口癖のせいで、自己評価が低くなり、人の言いなりになってしまうと思いませんか?

悪いことをしてしまったときは、謝罪するのが当然です。
その時は、「ごめんなさい」と謝ればよいです。

ほんのちょっと悪いと思っただけで、無意識に「すみません」と使ってしまうのは考えものです。
誰かがぶつかってきたとき「すみません」と言ってしまいます。

謝るべきなのは自分ではありません。
謝罪ではなく嫌な思いを避けようとして出てきたのです。

謝罪は、責任が自分にあると思っていることを自動的に示すことになってしまいます。
謝ったせいで、非は自分にあるか、少なくともお互いさまだと思ったかもしれません。

別の意味で、自分が存在していることを否定する意味もあります。
生きている意味がない人生はありません。

そんなことを思い、「すみません」を使うのを意識して使わないようにしています。
場面ごとに、言葉を使い分けた方が良いと思います。

「ありがとう」 「ごめんなさい」 「お願いします」
気持ちの良い言葉を使うことで、自己否定でない人生を生きたいですからね。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)