a1180_015688
テレビで宣伝されている商品を安全と思って食べています (・∀・)つ
日本人が主食と思っている白米、うどん、ラーメン、パンなどの糖質系の食べ物は、カロリーはありますが栄養素が少ないです。

糖質が増えれば血糖値が上がり、糖尿病になる危険も上昇します。
糖尿病は心筋梗塞や動脈硬化、うつ病などの原因となります。

油はマーガリンに使われているトランス脂肪酸とサラダ油が、心臓病や肥満の原因になります。
悪い油を摂りすぎると、生活習慣病に陥ってしまいます。

忙しくて食事時間がとれない場合、早食いになってしまい、よく噛めない状態になります。
栄養が吸収されない状態で、胃腸に負担をかけます。

安易な考えで、栄養価を乳製品で摂ろうとします。
乳製品のもととなる牛乳は、劣悪な状態で飼育されています。

疲れたからといって、甘いものを食べるのは糖尿病への近道です。
缶入りやペットボトル入りの飲料には、大量の糖質が入っています。

人工甘味料を使ったゼロカロリー飲料は、さらに危険です。
野菜ジュースにも、もれなく糖分が入っています。

工場で出来る商品には、添加物や防腐剤が満載です。
このような物を食べていたら、ガンになるのは間違いないです。

二人にひとりがガンになるというのも納得です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)