post_16252_08
毎日の行動で認知症を予防できるようです (・∀・)つ
他者との関わりが、人を成長させるのです。
人に関わる仕事は、認知症予防になる可能性があります。

知的機能に負荷がかかり、脳の病気に対する耐性が高まるのではないかと考えられます。
思考や推論を行う能力を維持できると思われます。

人との交流がより多い刺激となり、知能を必要とします。
脳は筋肉と同じで、使えば使うほど発達し、病気に対しても耐えられるようになるようです。

人間関係は煩わしいものですが、それを乗り越えることにより、脳が活性化されるのです。
歳を重ねて、自宅に籠ると認知症になりやすいのです。

身体を健康に保ち、外出の機会を増やし人と関わるのです。
散歩を欠かさず行うことが、身体と脳にとって最善となります。

人と話をすることで、ストレスも軽減されます。
自分を好きになり相手を尊重した、円滑な人間関係を維持することで、楽しい時間が持てます。

知的負荷が、自然に認知症予防になります。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)