a1180_015688
危険なのですが表示義務がないのです (・∀・)つ 
トランス脂肪酸は、工業的に植物油を脱臭のために高熱処理したり、水素を加えて「硬化油」に加工したりする過程で生成されます。

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニング、クリームなどです。
マーガリンは、油脂含有量が80%以上で、バターの代わりに使われています。

ファットスプレッドは、JAS規格ではマーガリン類とされて、油脂含有量は80%未満です。
マーガリンと同様な使われ方をしています。

ショートニングは、米国でラードの代用品として開発された食用油です。
クッキーやビスケットなどの焼き菓子、パンに練り込んで使われます。

アイスクリームに添加したり、フライ用の揚げ油としても使われています。
日本では、無規制で民間任せという状態です。

世界的に広がっている表示義務化も日本では行われていません。
トランス脂肪酸の過剰摂取は、冠動脈疾患心筋梗塞、狭心症等を増加させる可能性が高いようです。

肥満、アレルギー性疾患について、関連が認められました。
妊産婦・胎児への影響(胎児の体重減少、流産等)について報告されています。

外食やコンビニ、冷凍食品を利用すれば、トランス脂肪酸にさらされる危険度は高くなりつつあります。
安全な食品を選んで食べてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)