_SX298_BO1,204,203,200_
■日本一の冷凍名人が
最新テクニックを初公開!
◎本書のワザでこんなにお得!
1、毎月、買い物時間を14時間も短縮!
2、毎年、食費を15万円も節約!
3、毎日の献立にもう悩まなくなる!
4、調理時間を大幅に短縮!
5、冷凍なのに鮮度が落ちない!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家計の節約につながるため、人気の冷凍テクニック。
関連本も数多く出版されていて、どれを買おうか迷ってしまいます。

そこで、オススメなのが料理家・岩崎啓子さんの本。

2007年に発表した著書『冷凍保存の節約レシピ』は20万部を超える大ベストセラーになり、
日本中の主婦やOLから「節約に最適の本!」と絶賛されました。
それから3年。

冷蔵庫のつくり自体にも変化あり、また著者自身の冷凍テクニックもさらに進化をしました。
「食材ごとに冷凍方法を覚えなければならないのは大変…」という主婦たちの悩みにこたえるべく、
岩崎さんは日夜、冷凍テクニックを研究し続けついにそのワザを完成させました。

それは、 ●ぺたんこ  ●ばら  ●ぴちっと この3つの冷凍方法さえ覚えれば、
どんな食材にも応用でき食品をロスなく使い切ることができるというもの。

これによって、複雑な冷凍テクニックを覚える必要がなくなり機械的に保存すれば、おいしく、ヘルシーに料理を作ることができるようになります。

何より節約にも効果的。おカネ、時間、手間をトリプルで節約できちゃいます。
本書には、そんな岩崎さんの冷凍節約テクが満載!

さらに、「月2回の買い物」でできる、1カ月の献立まで紹介しています。 一家に一冊!

著者 岩崎啓子
◎冷凍保存&節約テクの第一人者!
料理研究家、管理栄養士。
聖徳栄養短期大学卒。同大学研究室助手、などを経て料理研究家として独立。

書籍、雑誌、テレビ番組、メニュー開発、料理教室などで、栄養学も基づいた簡単に作れて、おいしく、体に優しい家庭料理を提案している。

2007年に発売した著書『冷凍保存節約レシピ』(日本文芸社)が20万部を超えるベストセラーになる。
現代の冷蔵庫にあったその冷凍テクニックは、他の料理研究家にはない手軽さと緻密さを兼ねそなえている。
食材ごと、形状ごとに冷凍法を使いわけて食品をムダなく使い切るワザを開発したことで、メディアからも大きな注目を集めている。