a1130_000176
ガン宣告は人生を真剣に生きるためのチャンスです (・∀・)つ
ガンは不治の病ではないですが、一般的には不治の病と思われています。
ガンと診断されたら、覚悟を決めるときなのです。

まして、末期ガンと診断されたら覚悟を決めるしかありません。
覚悟というのは、誰かが決めてくれるものではなく、自分で決めるものです。

覚悟が決められない人は、「失敗を恐れすぎている」 のです。
生きる目標に向かって前に進んでいる限り、失敗なんてしません。

覚悟を決めた人というのは、邪悪な欲がなく、とてつもなく強くなります。
強いので、真剣に生きることを考えることが出来ます。

覚悟を決めないというのは、「ただの傍観者」になってしまいます。
医者のいいなりになり、医者の診断通りの余命で終わります。

「覚悟を決める」と、責任は全部自分に掛かってきます。
自分の人生に責任を持たない限り、残りの人生を真剣に生きることは出来ません。

覚悟を決めるときは、逆転現象を解消するお祈りをしてからにして下さい。
死ぬまで傍観者で居たいなら、覚悟を決める必要はありません。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)