RS=^ADBwj8r3DWHtX6kFhXEdTjCJh
短時間てできます (・∀・)つ
胸腺と病気は大きく関係しています。
免疫力は20歳前後がピークで、その時期はガンや感染症にかかる人も少ないのです。

胸腺は免疫に大切な役割を持っていて、胸骨の下にある小さな器官です。
胸腺マッサージを行うと、リンパ球が成熟、増殖し、自律神経の働きを強化してくれます。

鎖骨の周囲や脇の下あたりは、多くのリンパ節があり、刺激すると免疫の活性化につながります。

胸腺マッサージの方法は、
1.脇の下から乳房の下までを上下にさすります。
2.乳房の下を左右にさすります。
3.みぞおちから鎖骨の高さまで上下にさすります。
4.鎖骨の下側を左右にさすります。

力は入れずやさしく各箇所30秒程度で、優しくさすります。服の上からでも良いです。
免疫力を高めたい方、ガン患者の方、には特にお勧めです。

合わせて、仙骨のあたりも軽くさすると良いです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)