210px-Sesame_oil
油も認知症の原因ではないかと思われます (・∀・)つ
脳の働きを健全に保つために必要なのが良質な油です。
水を除けば、脳の約60%は油でできているからです。

細胞は一つ一つが脂質の膜で包まれており、細胞が正常に働く絶対条件になっているからです。
脳細胞の神経網は複雑に絡み合っていて、脂質で包まれた細胞の柔らかさが必要になります。

植物油には、果実油と種子油があり、果実油としてオリーヴ油があげられます。
種子油は、果物や野菜の種から搾ったもので、菜種油、胡麻油、大豆油、サフラワー油などです。

コーン油、紅花油、大豆油などのリノール酸系の油は、酸化しやすく活性酸素を発生させやすいです。
摂り過ぎると動脈硬化やアレルギーなどの原因になるとされています。

不飽和脂肪酸は、植物油や魚などに多く含まれる脂肪です。
必須脂肪酸もあります。オメガ3系不飽和脂肪酸とオメガ6系不飽和脂肪酸です。

亜麻仁油、荏胡麻油、紫蘇油、などのオメガ3の油は酸化しやすいので加熱しない方が良いです。
オメガ6の代表は、植物油に多く含まれるリノール酸です。

リノール酸は体内で主にアラキドン酸という脂肪酸に変換されます。
オメガ6系の油を多く摂ってしまうと、体内の炎症が進み、アレルギーや動脈硬化のリスクが高まります。

通常の食生活において、不足する事はほとんどありません。
胡麻油はオメガ6系ですが、オレイン酸が含まれているので、良質な油といえます。

避けるべき油は、マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドなどのトランス脂肪酸です。
アレルギーや喘息を引き起こし、ガンや心臓病、認知症のリスクを高めます。
海外では使用禁止になっている国もあります。

サラダ油・大豆油・コーン油・マーガリンも避けたい油です。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)