a1130_000176
排便に不快や苦痛を感じれば便秘と言います (・∀・)つ
宿便は健康的な排便がある人でも3~4キロほどあると言われています。
宿便は腸壁にこびりついた便が排出されずに残ったものと考えます。

医学的には違うようですが、腸にとどまった残留便のことと思います。
宿便が腸内にとどまっていると腸内の微生物状態が悪化します。

宿便がほとんどなければ、腸の働きが正常な状態になります。
腸内環境が整っていると免疫力も高まるので、病気の予防や回復に繋がります。

腸の状態を確かめるのには、便の臭いを嗅ぐと分かるようです。
嫌な臭いを発している時は、腸内環境が良くないと思われます。

逆に特に嫌な臭いを感じない場合は、腸内環境が整っている状態と思われます。
健康的な身体から出る便は臭くないのです。

宿便の解消に効果的なのは断食です。
一日2食又は1食にするか、週に一日断食する、プチ断食がお勧めです。

長期間続ければ、宿便が解消されていきます。
本格的な断食は、指導者がいないと失敗することがあり、反対に大変なことになります。

日頃から食べてほしいものは、食物繊維、腸内環境を整える発酵食品、酵素です。
植物性の食べ物は便が腐敗しにくいので、宿便予防になります。

腸をやさしく 「の」 の字をかくマッサージもして下さい。
全身の血流改善するために、運動も忘れずに実行してください。

便秘だけでなく、宿便を解消して、健やかな腸内環境にしてください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)