001
ガン宣告されても落ち込むことはありません (・∀・)つ
ガン治療をするにあたり、自分らしく生きることを考えてください。
病状や治療方法について、何をどのようにするかが大事です。

ガンに関する情報を集めることも必要です。
痛みの程度や体調の状態により、選択肢が変わります。

痛みが酷い場合は、医師に任せたいと考える人もいるでしょう。
痛みが少なければ、免疫力をゆっくり上げ回復を目指せます。

療養中やその後の生活において、自分が何を望んでいるのかを考えてください。
心配ごとや悩みごとが出てくると、自分らしく生きることがあと回しになる場合があります。

将来の目標や夢を持って、ガンと闘うことなく共存していきましょう。
ヨガや深呼吸、ストレッチ、散歩など、心身の緊張を取り除く方法を探してください。

ガンは自分がつくったものですから、生活習慣を見直し考え方を変えれば消えていきます。
「自分らくし生きる」 ことを考え、みつけることが必要になります。

今まで我慢して諦めていたことを、この際ですから実行しましょう。
旅行に行くとか、転職するとか、やり残していることをして下さい。

今までの生活が自分らしいのであれば、今まで通りで良いのです。
ガンは人生の見直しに、最適です。

自分らしく生きて、後悔のない人生を送ってください。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)