a1180_009198
知らず知らずの内に身体に入っています (・∀・)つ
人が物質を体内に取り込む経路は3つです。
口から取り入れる、呼吸によって取り入れる、皮膚から吸収する。

食べ物に気をつけていても、皮膚から吸収することには無頓着なことも多いようです。
皮膚から吸収された物質は一度体内に吸収されると、10日たってもその10%ほどしか排出されないようです。

消化や分解されず、皮下脂肪や子宮などに蓄積されます。
自然界に存在するもので、皮膚のバリアを通過できるものはないといわれています。

化粧品や薬品メーカーが、皮膚のバリア構造を破って体内まで届く物質が開発されています。
皮膚の奥から肌質を改善する化粧品、シールを貼るだけで喘息などの気管支疾患をやわらげる薬など、皮膚を通り抜ける物質は多数あります。 

皮膚のトラブル、アトピー、免疫力低下、がん、脳疾患、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫など。 
気を付けたいのは、基礎化粧品、ハンドクリーム、台所用洗剤、シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、洗顔料などです。

特にシャンプーやリンスは注意が必要です。
頭皮は他の部分の皮膚に比べて3.5倍も吸収率が高いといわれています。

吸収された化学物質はそのまま脳に届いて蓄積する可能性があります。
シャンプーの主要成分である界面活性剤は、毒性を指摘される化学物質です。

界面活性剤は、ボディーシャンプーや台所用洗剤、歯磨き粉などに、広く使われています。
しかし、病気と直接関連づけることは困難です。

研究が進んでいないため、発がん性が疑われている物質でさえも規制される見通しは立っていません。
少量の使用であれば健康を害する可能性も低いでしょう。

暮らしの中では、思った以上に多くの毒性のある化学薬品が入った製品があふれています。
毎日使うものですから、少量とはいえ極力減らすことをお勧めします。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)