_SX328_BO1,204,203,200_
少食を実践すると健康になるだけでなく、運も良くなるのです (・∀・)つ
元・僧侶にして比較宗教学者である著者が、宗教と道徳的側面から独特のアプローチで「少食」の効用について記しました。
職業別長寿ランキングで必ず1位になる「宗教家」、自身の体験も踏まえ、
その自分を律すること=「節制」が健康長寿に繋がることを、さまざまな観点から証明を試みています。

筆者自身が行っている二泊三日の「断食セミナー」の内容とその効果についても紹介し、健康と運命は好転することを説いています。
「プチ断食」であなたのカラダと運命は好転する。
「断食セミナー」を主宰する宗教学者が、その体験から得た、体と心への効用の数々。

町田 宗鳳
1950年京都市生まれ。
幼少のおり、キリスト教会に通う時期もあったが、ふとしたことから14歳で出家。
以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。34歳のとき寺を離れ、渡米。

のちハーバード大学神学部で神学修士号およびペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得る。
プリンストン大学東洋学部助教授(90-98)、
国立シンガポール大学日本研究学科准教授(98-00)、東京外国語大学教授(01-06)を経て、
現在は広島大学大学院総合科学研究科教授、国際教養大学客員教授、広島大学環境平和学プロジェクト研究センター所長、平和科学研究所兼任研究員、平和希求委員会委員、オスロ国際平和研究所客員研究員(ノルウェー)、日本宗教学会評議員。

研究分野は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学。東京大学、名古屋大学、東京医科歯科大学、国連大学、聖心女子大学などでも教えた。
東京・名古屋・京都・岡山・福山・広島で座談会「風の集い」および「健康断食」を定期的に開催している。