_SX425_
花粉症方に試していただきたいです (・∀・)つ
鼻と喉をつなぐところを洗うことが必要です。
喉は、いつも唾液や飲み物lで洗えています。

鼻から吸った汚れが付着しています。風邪予防効果だけでなく、五感が研ぎ澄まされます。
鼻うがいをすると爽快感が得られ、集中力がアップします。ヨガにも取り入れられています。

鼻うがいの仕方 用意するもの 
◎鼻うがい専用のネティポット(モクレンは吸い飲みを使用・らくのみとも言います)
◎ぬるま湯で作った0.9%の生理食塩水 (500㏄に4.5gの食塩) 水道水は避けてください。 

やり方
顔を横向けにして片方の鼻の穴に流し、もう方片方の鼻の穴から塩水を出します。
両方ともします。

鼻から水を吸って「ツーン」とした痛みがあるのではと、不安に思われるかもしれませんが、痛みはありません。
食塩水の温度と、体液と同じ生理食塩水の塩分濃度であれば、痛みはありません。

洗った後、耳に水が残りますので、顔を真下に向けて、鼻をかめば水は出ます。
スッキリ感を是非味わってください。

以前の記事も参考にして下さい。