_SL160_
世間的には認められていない千島学説ですが、、 (・∀・)つ
ガン患者さんが抗ガン剤治療を受けた後の血液の状態はボロボロになっています。
毒性で全身の血液細胞がやられているのです。

抗ガン剤がガン組織を破壊して、ガンを小さくしても誤魔化しているだけなので、すぐに再発します。
ガン患者さんは例外なく腸が汚れています。

肉食などで腸内が汚くなると排毒能力が衰え、悪循環が再発してくるガンの悪化の原因になります。
断食やプチ断食、週に一度の断食で、宿便を排泄して腸内を掃除することが必要になります。

千島学説では、血液は腸でつくられています。血液が細胞になるのです。
ガンができなければ、毒素が全身の臓器に行き渡り、死に至ります。

腸内の汚れが汚染血液となり、毒素がガンになります。
ガンこそが、ガン患者さんの命を救ってくれているのです。

ガンは腸内の汚れが、身体の組織に転移したものです。
身体に起きる症状は、発熱・咳・鼻水・痛み・痒みなども、必要があって起きています。

自然治癒力を発揮するのに必要なのは「腸内の浄化」と「食事の適正化」です。
ガンを敵視することなく、生活改善を心掛けてください。

ガンと宣告されたら、ガンに感謝して元気になりましょう。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)