a0100_000020
歯周病も生活習慣病ということです (・∀・)つ
自分の歯茎に大きな支障が現れてから、本を読んだり友達の体験談を聞いたりしました。
歯磨きについての、今までの知識や磨き方を変えれば改善するようです。

歯を磨くのではなく、歯と歯茎の境目をやさしくブラッシングします。
ブラッシングして、プラークを取り除きます。

プラークとは、食べカスでもなく、歯垢でもありません。
歯の表面に固着した細菌およびその産物の集塊で、古くなると石灰化して歯石になるものです。

ブラシを正しく使うと、歯垢が溜まらなくなります。
正しいブラッシングは、ただ今模索中です。

通っている歯科医院では、ブラッシングについての指導がありませんでした。
読んだ本には、それぞれ違う方法が書かれていました。

◎普通の歯ブラシを使う方法
◎ワンタフとブラシを使う方法
◎歯間ブラシは使う・使わない
◎フロス・糸ようじを使う・使わない
◎歯磨きを使う・使わない

ほとんどの方が、毎日歯磨きをしていいます。
どの本にも、虫歯や歯周病になるのは歯磨きの方法が間違っているという証拠だと書いています。

そして、優しく力を入れないようにするところも同じです。
歯周病を改善すると、様々な体調不良が改善するということも同じです。

どの本も、それぞれに体験談が書かれていてどれを採用するか迷うところです。
しばらくは、試行錯誤しながらより良い口腔状態にしていきます。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)