a0002_003624
添付文書を読んでください (・∀・)つ
薬を使用した際に、薬の効果とは別の症状が出てしまうのが副作用です。
薬が体内に入ると、薬が作用するメカニズムにしたがって体の中で変化が起こってきます。

痛み止め(消炎鎮痛薬)であれば、痛みの症状が起きるポイントや経路に薬が作用することで痛みの症状が抑えられます。
薬の主目的な薬理作用を「主作用」というのに対し、主目的以外の好まざる作用や予期せぬ不都合な作用を「副作用」といいます。

副作用は有害反応とも呼ばれ、副作用の頻度や程度、種類が薬の安全性の指標になります。
薬の多くは、ひとつだけでなく複数の作用を持ち合わせています。

治療の目的と異なる効果が出てしまうことがあります。
薬が体内で代謝される際に出される物質がもつなんらかの作用によって起こることもあります。

アレルギーによって副作用が出てしまうことがありますし、体調が悪いと薬の影響を受けやすい場合があります。
飲み合わせ・食べ合わせによるもの併用している薬の影響や食べ物との組み合わせで副作用が出る場合もあります。

副作用のさまざまな症状副作用で起こる症状は実にさまざまです。
◎下痢・便秘 ◎かゆみ ◎胃の痛み ◎アナフィラキシーショック 

その副作用が取り返しのつかない状況になる場合もあります。
処方された薬には、説明書が添付されているはずですから、良く読んで医師に質問してください。

添付書類には、恐ろしい内容が書かれています。
じっくり読んだら、薬を飲むのが嫌になります。

複数の薬を飲んでいたら、どんな副作用が出るか解かりません。
薬は身体を傷めつけるだけです。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)