「トクホ(特定保健用食品)」は本当に大丈夫?〜表記の「効果」は信用できるか?の画像1
健康食品に表記されている「効果」は信用できるか?(depositphotos.com)

トクホという言葉から連想される健康には問題があるかもしれません (・∀・)つ
healthpress の記事より引用

 このところ「トクホ(特定保健用食品)」に対する世間の風当たりが強くなっている――。

 何となくいかがわしい臭いのする健康食品業界にあって、「『トクホ』だけは別格だ」とする見方は、誰もが異論のないところだった。その効果も安全性も品質も、内閣府消費者委員会がチェックして「お墨付き」を与えたものだからだ。

 しかし昨年(2016年)9月、初の許可取り消しとなったトクホ製品が出て、関係者は驚いた。日本サプリメント株式会社の「かつお節オリゴペプチド」などを原料とする6品が、「有効成分がほとんど含まれていない」という理由により販売中止となり、2017年2月に景品表示法に基づく措置命令が消費者庁から出された。

「トクホ」に関する幾つかの問題点

 まず、この事例で問題としなければならないのは、いったんもらった「お墨付き」は更新されることなく「永久保証」だったこと。誰も監視しなければズルをしたってバレることはない――。ということで、2年前に既に関与成分が入っていないことが判明しているにもかかわらず、売り続けたことだ。

 その一方で、何らかの効果を謳うからには、その関与成分を特定しなければならない。先の商品では「糖の吸収をおだやかにする」のに関与する成分が、豆鼓エキスの中の「トリス」だと同定していた。しかし今ごろになって、「いや、トリスじゃなかった」というのは、なんともお粗末だ。許可の根拠となる科学データの真偽を見極めるのがいかに難しいか――。そのことを考えさせられる事例である。

 「機能性表示食品」においても同様だが、謳う効果に関与する成分を、一つ特定しなければならない。エキスのような複合的なものでは、どれが効いているのかよくわからない、あるいは一つだけでは効果がなく複合的な作用で効果が見られるという場合が多い。

 それを「単一成分で示せ」というのは、食品成分においてはかなり無理があり、その無理をなんとか通そうとすると、そこに「ごまかし」や「曲解」が生じる。この課題は放置されたままだ。


「難消化性デキストリン」の科学的根拠はいい加減!?

 逆にこの単一成分の効果を最大限に利用しているのが、「トクホ」を冠したお茶やコーラだ。昨今、週刊誌などで叩かれているが、「糖」や「脂肪」の吸収を抑える「トクホ茶」や「トクホ・コーラ」には、いずれも「難消化性デキストリン」という成分が入っている。

 つまり、科学データがある単一成分さえあれば、「向かうところ敵なし状態」である。

 この科学データに基づいて、企業は最大限の広告をする。「これさえ飲んでおけば、カロリー過多の食事も脂肪や糖がたっぷりありそうな食事も気にせず食べられますよ!」というイメージを与えているので、消費者は皆、国が認めた効果だから間違いないだろうという信頼を持って、せっせとトクホ飲料を購入する。しかも、食事や運動などの生活習慣を顧みることなく。

 ところが、その要である「難消化性デキストリン」の科学的根拠がいかにもいい加減だったということが、一部マスコミの話題となっている。

 効果を示す有意差とするにはあまりに微小な差で「誤差」だとする専門家もいることや、そもそも効果を立証するデータを出しているのが「難デキ」の原料メーカーの1論文に起因していることや、権威ある欧州食品安全機関(EFSA)がその効果を「因果関係は確認されていない」として否定していることなどが問題提起されている。

パッケージの文言や宣伝文句に振り回されないように

 今回は「トクホ」だからやり玉に挙がっているが、実際、こうした科学的論拠の是非を問い始めれば、たぶん枚挙にいとまがないだろう。

 こと機能性表示食品にいたっては、形式的に科学データがそろっていれば良しとされており、その詳細を検証すれば、論文の質が問われるものはいくらでもあるだろう。しかもトクホよりかかる費用は、桁違いに低く、かつトクホより自由に効果が謳えるのだから、当然、同様の問題は潜んでいる。

 消費者にとっては「科学的に立証されている」「臨床データがある」などと言われれば、信頼せざるを得ない。そして、たった一つの論文から、まるで夢のような効果が宣伝されれば、それを自分に置き換えて実現するものだと理解する。

 さて消費者が知るべきは――、

①科学が「食品成分と健康」の曖昧な関係を解き明かせるほど優秀でないこと
②健康への効果は個人差が大きいということ
③そもそも企業は売るために宣伝広告をしているのだということ

 これらをしっかりと認識して、パッケージの文言や宣伝文句に振り回されないように気をつける、とどのつまり、自分の体感で効果の有無をチェックするしかないということを理解しよう。

 もちろん、科学も日進月歩だ。そのうち確からしい科学のモノサシも登場するかもしれない。それを期待して、今は「科学的根拠」を横目で眺めていたほうが無難だ


引用ここまで

万一、栄養失調となっても、薬や健康食品に頼ることなく、食事で摂るのが一番のように思います。
食事内容に見直しが必要になる場合もあります。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)