a0002_011998
関心が薄かった歯周病ですがしっかり勉強中です (・∀・)つ
歯周病も生活習慣病です。

歯周病は、歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨で構成される歯周組織が、口の中の細菌感染によって破壊される慢性炎症性疾患です。
歯を失う最も大きな原因となっています。

予防法も治療法もブラッシングに始まりブラッシングに終わるようです。
どれくらい磨けたか、ということだけでなく、歯を全て見落とすことなく磨くことができたかということです。

磨き残しができるだけないように、磨けないところがないようにしなくてはいけないようです。
何時間磨くことが出来たかが、回復のカギになるようです。

歯茎を鍛えることも大事です。
歯茎を鍛えるとは、よく噛むことのようです。

噛む習慣が、歯茎を強くしてくれます。
歯茎が痛む場合や腫れているときは、軟らかいものにして、歯茎に負担をかけないようにしなければいけないようです。

免疫力が落ちている時は、歯周病菌が活発に活動するので、歯周病が進行するそうです。
ストレスをかけないような、精神状態が良いようです。

呼吸法や散歩もとりいれて、全身の健康を保つことも必要のようです。
まだ歯茎が腫れて痛いです。痛みがおさまるまで、ゆっくり焦らずに治していきます。
v( ̄∇ ̄)v (´∀`)